ぱっずあんどぽけ

メモ置き場、ポケモン、パズドラTCG

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:--  edit

Category: スポンサー広告

tb: --  |  cm: --

top △

暗黒界のバシャニンフィア 

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

2015/09/29 Tue. 22:10  edit

Category: ポケモン雑記

tb: --  |  cm: --

top △

【第30回シングル厨使用構築】ニャオドーゲンガー【ベスト16】 

1月10日に行われたシングル厨のつどいオフに参加してきました
ORASのオフでの対戦参加は初めてかつ、ORASでのシングルの対戦もオフ前に一戦しかしてなかったのですが、予選を8-2で抜け、ベスト16という結果を残すことができました。

使用した構築は以下の並びです
ニャオニクスドーブル
バンギラス色ランドロス霊
ゲンガーファイアロー

また猫の手か、はいそうです、猫の手です。
選出は二通り、ニャオドーゲンガーかバンギランドアローです。
本当はまだしばらくこの並びを使うつもりでいたんですが、ほかに使ってみたい構築の候補を見つけたので一段落つけるという意味でまとめていこうと思います

個別解説

ニャオニクス@食べ残し 177-xx-134-103-101-135
サイコショック 瞑想 猫の手 身代わり

サイコショック瞑想の採用基準については前回のニャオガッサラグラージの項を参照していただきたいです。
当日はこっちの選出をした予選および本戦での試合はやっぱり負けなし(エキシビジョンでは負けました)でした。しっかり出す基準を決めて運用してあげれば胞子が通らない相手と対面してもやり過ごすことができます。

ドーブル@気合の襷 159-22-55-xx-69-139
カウンター キノコの胞子 道連れ 吹き飛ばし
普段からお世話になっているばっどさんの爪とぎダクホレパドーのドーブルの技構成をちょびっといじってみた構成です。
役割としてはニャオニクスで倒せない相手の処理及び、ニャオニクスが動くための場を整えることです。
ファイアローに負担をかけたり、身代わり持ちに対して吹き飛ばしをしてニャオニクスが胞子を撃てない状態で場に出ることがないようにするのが仕事です。
なぜ襷での採用かということですが、裏選出に仕込まれているランドロスが役割的に襷である可能性が高く、ドーブルをスカーフと読んでもらってファイアローなんかのブレイブバードを誘導、カウンターで処理することにあります。

バンギラス@バンギラスナイト 175-186-131-xx-120-124 → 175-216-171-xx140-135
ストーンエッジ 地震 身代わり 竜の舞
今回は前回の記事と変更して身代わりを採用しました。
こちらも詳しくは前回の記事参照をお願いしたいんですが、ボルトロス、ファイアローなどの表選出をためらうポケモンに対する回答としての採用です。
今回のMVPはこの子に挙げてもいいと思います、予選一戦はこいつのエッジのせいで落としましたが、身代わりをはってポリゴン2クレセリアをバンバン起点にしたり、とにかくニャオニクスを出したくない相手にガン刺さりして、出した試合は舞えば3タテコースといった感じでした。

霊獣ランドロス@ヤチェの実 175-186-108-xx-101-157(非理想個体)
地震 岩石封じ 大爆発 ステルスロック
前回の記事と同じヤチェランドです。決勝T1回戦でガルーラの冷凍パンチをヤチェのおかげで耐え、ステロをまいてバンギの一貫性を作って勝利いたしました。

ヤチェである利点は
上記のようなガルーラを前に1回の行動が保証される点
体力が削れた状態からでも氷技を耐えることがある点

特に上の点に関してはニャオニクスというポケモンがガルーラを呼びやすいためにこのパーティに噛み合っていると考えております。

ゲンガー@ゲンガナイト 167-85-81-xx-95-178→167-85-101-xx-115-200
気合いパンチ 泥棒 道連れ 守る

猫の手選出の3枠目としての採用。採用理由はガルーラの処理に関しての安定感。
キャッチさえ成功させてしまえば、先制で道連れ→後攻で気合いパンチのながれで岩石封じ、凍える風を持たないガルーラを確実に処理することができます。
他にもSを変動させる技および挑発を持たない技構成でゲンガーより遅いポケモンであれば確実に処理することができます
当日はガルーラを2匹こいつに処理してもらいました、ガルーラ入りには基本初手投げでメガシンカさせて後ろに置いておく感じの動きをとってます。

ファイアロー@命の玉 164-133-91-xx-89-184
ブレイブバード フレアドライブ とんぼ返り 追い風
前回と大きく違う点が剣舞→追い風という点です。地面技読みで後出し→追い風→バンギで抜いていくということが可能です、というのもバンギラスが舞ったら止めれるポケモンが本当に限られていてファイアローを使うタイミングがなかなかなかった点を見て
追い風してからバンギをもう一度投げる動きをして最後にブレバでお片付けして行く感じの形にしてみようと思いました。

当日はバンギを止めれるポケモンにほとんど出会わなかったので全然出番なかったです。出てもこいつに倒されてバンギの起点にして勝ちやなって試合ばかりでした。

裏選出の3匹に関してはかなりいろいろなパターンを考えてみましたがどうしてもバンギランドアロー以上にしっくりくる3匹を見つけられなくて、結局このままって形になりました。他に猫の手軸のパーティを使っている方がいれば是非お話を聞いてみたいところです…

簡単にまとめましたが、恐らく気になる点がいくつもあると思います。そんな場合はぜひ、Twitterなんかで直接メンションをいただけると幸いです。
@charlotte29LP までお願いします。

環境的に猫の手ニャオが強いかといわれるとやっぱり否だと思います。胞子が効かない相手がいること、身代わりを貫通する攻撃の増加、XY当時よりもウルガモスが増えている点、メインウェポンをどれにしても止まる相手もしくは止まりやすい相手が出てきてしまう点などなど適当にパーティ組んでもある程度ニャオニクスに抵抗のあるポケモンがいるなんてことが日常茶飯事で、そんな感じの環境でどうやってニャオニクス@2のポケモンで戦っていくか考えなきゃならないパーティです。
構築段階では考えなきゃならないことがいっぱいあります。逆に言えば、対戦ではある程度決められたタスクを繰り返すことになるので戦いやすくはあると思いますが。
そんな感じでニャオニクスを使いたいって方がいればある程度の試合数はこなしたと思うのでできる範囲でお手伝いしたいなと思う次第です。

できる限り猫の手選出ができるように組んだつもりでしたが当日は表裏半々の選出回数でした。
また決勝と3位決定戦にピクシーがいたと思うんですが、このパーティ、見ての通りピクシーがクソ重すぎてお話になりません。
裏選出に一撃技を仕込むなりなんなりして天然対策をちゃんとするべきだなと思いました。

最後に、
シングル厨に参加された皆様、運営に関わってくださったスタッフの皆さん、本当にありがとうございました。
シングルバトルへのモチベーションがなかったんですが、とてもいい刺激になりました。

P.S.
前回の九尾杯に続いて僕が決勝トーナメントで負けた方が優勝してるんだけどなんかそういうジンクスでもあるのかしら(適当)

2015/01/13 Tue. 07:31  edit

Category: パーティ紹介

tb: 0  |  cm: 0

top △

【ポケモンXY】ラグバンギアロー偽装ニャオニクス軸 

とてつもなくお久しぶりの記事の更新になります。
その間にいくつかオフに参加させていただいたりしてましたが、どれも構築の段階から納得がいかなかったので、記事にしてませんでした。

今回はあめおふで使用するつもりだったニャオニクス軸で構成は以下のようになってます。

ニャオニクスキノガッサ色ラグラージ
バンギラス色ランドロス霊ファイアロー

実際は

バンギラス  ランドロス
ファイアロー キノガッサ
ラグラージ  ニャオニクス

って並べてたんですがラグバンギって並べたかったです。


ニャオニクス@食べ残し
サイコショック 瞑想 猫の手 身代わり

ラグラージ@リンドの実
気合いパンチ カウンター ミラーコート 吠える

キノガッサ@気合の襷
気合いパンチ カウンター キノコの胞子 守る

バンギラス@ナイト
ストーンエッジ 地震 冷凍パンチ 竜の舞

霊獣ランドロス@ヤチェ
地震 岩石封じ 大爆発 ステルスロック

ファイアロー@珠
ブレイブバード フレアドライブ 剣の舞 羽休め

ニャオニクスおよびキノガッサは構築の起点になります。強いて言えばニャオニクスをメインにした構築が使いたかったから、ということになるでしょうか()

また今回猫の手胞子するためのポケモンとして3匹目にラグラージを採用していますが、バンギラスファイアローへの欠伸ステロ展開が可能であり、偽装が可能である点、初手に草タイプを呼び、ミラコカウンターでの処理をすることで裏の猫の手胞子を通しやすくするという役割を持たせての採用となっています。
ただ、なかなか構築にスッと入ってくるポケモンとは言えないため偽装になり切れてないように自分では感じました。
あめおふで偽装ニャオガッサが優勝しその認知度が多少なりとも上がっているというのもありますが。

裏の3匹の採用理由に関して、表選出で相手にするのが厳しいボルトロス、ファイアローに強いバンギラスは非常に噛み合ってると思ったためバンギラスを採用し、バンギラスの一貫性をステロで作りつつ威嚇で起点を作れるランドロス、ニャオニクスが厳しい草タイプ(一部はニャオニクスで勝てますが)に強く、バンギラスから積みサイクルしやすい耐性を持っているファイアローを採用しました。

採用した順を書いておくと
ニャオニクスとキノガッサ→バンギラスランドロスファイアロー→ラグラージ

というわけでここまでで6匹の採用理由を書いてきたので個別紹介に移りたいと思います。


ニャオニクス@食べ残し 177-xx-134-103-101-135
サイコショック 瞑想 猫の手 身代わり

ニャオニクスの技構成についてですが
猫の手身代わりを確定としたとき、残りの技構成のパターンとして挙げられるのが

メインウェポンにサイコキネシス、または悪の波動を採用するパターンですが
サイコキネシスは瞑想を持つスイクン等の突破に時間がかかる点から、
悪の波動は対ガルーラにおいて、ガルーラの突破速度が非常に遅くなり(ショックでも3回瞑想を積まないと確定2を取れない)、身代わりを貫通してニャオニクスが食らうダメージが増える点から今回は採用を見送っています。

また瞑想の枠をチャージビームにするパターンもあるのですがその場合、ランドロスやガブリアスという環境に多いポケモンとの対面でCを上げられない、また瞑想ならDが上がっていくことで特殊攻撃を持つポケモンとの対面で身代わりを割られなくなり、延命できる利点が大きかったためを瞑想を採用しました。

その結果として悪タイプのポケモンの突破ができなくなってしまいますが、気合いパンチを持つ裏の2匹がある程度それに対する回答となると考えています。

このニャオニクスについて話せることはいろいろあるんですが研究があまりされてないポケモンでもあるので、いろいろ語って不利になりたくないのであまりいろいろ言いません。
知りたい人は個別に聞いてください(クズ)

キノガッサ@気合の襷 135-182-101-xx-80-134
気合いパンチ カウンター キノコの胞子 守る

身代わりが残されそうな対面では気合いパンチ、物理アタッカーにはカウンター、有利対面なら胞子、一応便利なことがある守る
終わりです。

ゲンガーとギルガルドに通る技が何もないのがすごくつらいです。

ラグラージ@リンドの実 207-130-111-94-156-80
気合いパンチ カウンター ミラーコート 吠える

HDに振ってますがその結果、草技以外食らったときにミラコしても倒せないことがちょいちょいあります。
あとは吠えるを撃つことが多いです、起点回避とかリセットとかに使えて結構強いです。
初手出しが多いです。

バンギラス@ナイト 175-186-131-xx-120-124 → 175-216-171-xx140-135
ストーンエッジ 地震 冷凍パンチ 竜の舞

補完枠かつ唯一のメガシンカ枠です、種族値詐欺してることもあって馬鹿みたいに強いなって思います。

エッジを外さなければ。
技構成として身代わりを採用してない理由ですがガブないしランドと舞った時に対面して一撃で葬れる技がないとバンギ処理された後、アローが岩技で処理されて負けちゃうので冷凍パンチをきれないです。

霊獣ランドロス@ヤチェ
地震 岩石封じ 大爆発 ステルスロック

襷がとられてるからヤチェです、でも刺さる時には刺さるんです。代わりに水技とかで普通に葬られるようになるんで気を付けて動きます。
基本的に襷と同じように岩石封じとステロで動きますが、場合によっては(物理受けの人たちとか起点にされそうなときとか)は爆発で削りに行きます。カバとか地震爆発で葬れるので大爆発はおススメです。

ファイアロー@珠
ブレイブバード フレアドライブ 剣の舞 羽休め

最強の剣舞AS珠アローです。ステロとかで削れてたらほとんどのポケモン葬ります。でも3タテするには体が持たないです。強い。

今回この構築でキツネさん主催の九尾杯でベスト16という結果を残させていただきました。
XYの九尾杯は2回目でしたが、XY最後の九尾杯でニャオニクスっていう好きなポケモンでマイオナできてよかったです。
でも最速起きしないでくれってするポケモンは非常に精神が削れて、一回の戦いの間に水の飲みすぎになるのでもうやりたくありません。

優勝した○っかーさんに2回急所食らって火傷ひかれてエッジ避けられました。
かっ○ーさん対戦ありがとうございました。

ちなみになんですが九尾杯での選出はニャオニクス軸5-裏4で選出してニャオニクス出した試合は負けてないです。

参考までにどうぞ。(裏で見れない相手きつすぎて笑う、特にナットレイと天然組ははげるんでやめてください)

2014/11/15 Sat. 02:51  edit

Category: パーティ紹介

tb: 0  |  cm: 0

top △

シングル厨使用構築 ガブリアックスラティハッサム 

そんなわけでシングル厨と社mfが終わりましたね…

それぞれ5-5,4-5っていう微妙な戦績に終わりました。
はっきり言ってプレミ激しすぎるんだよな???

というわけで並びとしてはそんなに悪くないかなと思える構築ができてはいたのでシングル厨のほうで使ったカメックス入りのほうを紹介したいかなと思います。

色ガブリアスメガカメックス
色ラティオスハッサム
ファイアローライコウ

ガブリアス@気合の襷
ASぶっぱ
地震 岩石封じ ステルスロック 吠える

よくいる襷ステロガブです。強みとしては起点を回避することのできる吠えるを持っていること。
説明をすることもないかなと思います。
岩石封じは主にカメックスのサポートとして使いましたが時折ハッサムやライコウにも働くのが強いなと思いました。

岩石封じ外しは礼儀

カメックス@カメックスナイト
171-98-140-205-135-114
水の波動 竜の波動 波動弾 悪の波動

めっちゃ強いと思ってますがみんなして口を揃えてメガ枠を使うほどの価値はないとか言い出すポケモン。
ただし水の波動は弱いです。この枠をハイドロポンプに帰るだけで勝てるポケモンがめっちゃ増えます。

Sは1段階Sの下がったガブ抜きで、副産物としてロトムを抜いたりとかできます。

主にガブや後述のラティオスのサポートを受けて降臨して2,3体持っていきます。
ただしエルフーンおよびマリルリに対して、まったく有効打がなく簡単に起点にされてしまうので相手のポケモンに選出を縛られやすいエースではありました。

ラティオス@光の粘土
187-xx-101-150-130-178
サイコキネシス 置き土産 リフレクター 光の壁

壁はった瞬間ラストウェポンは流星群だと思われることが多いようですがサイコキネシスの採用です。
単純にフェアリーに無効にされたくないからという理由はありますがカバルドンに対してサイキネ土産でカメックスにつなぐことで安全に処理することができるのが強みです。
こいつで壁を張ってカメックスの対面性能を上げること。そして後述のポケモンたちの起点を作ることが仕事になります。

ハッサム@命の珠
159-200-121-61-101-103
バレットパンチ フェイント どろぼう 剣の舞

オーソドックスなのかわからないですが珠ハッサムです。今作では準速にする旨みはあまりないかなと思ったので、Hを159のラインまで持っていきSを準速マリルリ抜きまで振ったのちAにぶっぱした端数をBDに振り分けてます。
めちゃくちゃやわらかくて、舞うことはできますが珠ダメで落ちていきます。
フェイントですが採用についてステロからの舞フェイントでアローを倒せるのがでかいんですがゴツメアローは超低乱数でおとせないことがあるらしいです。(落とせなかった顔)
フェイントは非接触技でもあるので、赤ラインまで削れてるガブなどの鮫肌に触れずに倒すことができるので非常に強力だと感じました。なお半減バレパンと同じ火力の模様。

ファイアロー@プレート
185-101-115-×-89-170
ブレイブバード 剣の舞 羽休め 鬼火

くそ弱かった。鉢巻のほうがいいと思います(小並感)
こいつを出さざるを得ない構築にはきついことが多いかもしれません。

ライコウ@食べ残し

10万ボルト めざめるパワー氷 瞑想 身代わり

めっちゃぶっ刺さってるパーティ多いなって感じるポケモンの1匹で社でも使いました。
アローやハッサムを止めに来るミトムやポリゴン2を起点にしていくのがお仕事です。
実際には積んでる余裕がないことも多かったですが、身代わりはめちゃくちゃ強いのでほしいと思います。


雑感としては壁はったカメックスの処理ができてないパーティが多いかなとは感じますが適当にターン数を粘ることができるポケモンがいるとつらく感じます。
またポリゴンとかナットレイとかを1撃で処理できるポケモンがいないため、電磁波だの放電だの宿り木だのにめっちゃ苦しみました。
改善案としてはアローを意地鉢巻に変えること、ハッサムをもっと消費の少なくなるメガハッサムにしてみることなんかがあるとは思いますが、メンツを変えない限りポリゴン2が非常に重いパーティだなと思いました。
レートは1896とかまで上げたものの落ち始めてやめちくり~wwwwwってなってました。

なんとか2000乗せてその構築を紹介したいと思ってます。

久しぶりに構築記事書いたら何かいていいかわかりませんでした。
今回はこんな感じで簡易的に更新します。ここまで見ていただいてありがとうございました。

2014/05/06 Tue. 01:25  edit

Category: パーティ紹介

tb: 0  |  cm: 0

top △

【シングル】カバルドン入り積みサイクル【第5世代】 

色カバルドンウルガモスカイリュー
パルシェン色キノガッサアグノム



カバルドン@オボンの実 ストーンエッジ 欠伸 吠える ステルスロック
ウルガモス@ラムの実 火炎放射 虫のさざめき 目覚めるパワー地面
カイリュー@ドラゴンJ 逆鱗 神速 炎のパンチ 龍の舞 
パルシェン@鋭い牙 つららばり ロックブラスト 氷の礫 殻を破る
キノガッサ@気合の襷 タネマシンガン ローキック ストーンエッジ マッハパンチ
アグノム@光の粘土 サイコキネシス 大爆発 リフレクター 光の壁




というわけで非常に今更感あふれるBW2の構築記事になります。
このパーティで実に約1年ぶりにレート1700を達成したのでそれが嬉しくてですね。

雨パ以上に使ってきたと思われるのが実はウルガモス+パルシェン+キノガッサの並びです。
初めて使ったのは3月のキツネの社mfに参加させていただいた時だったはずなのでもう9ヶ月ほどの付き合いになりますか…

今までもカバドリ偽装にしてみたり、ゾロアーク入りにしてみたり、テンプレのナンスとラティを使ってみたりといろいろ試してきました。

というわけで今回やっとのことで1700に載せることが出来たので5世代の総括及び6世代に向けてのメモがてらに構築をまとめてみたいと思います。

-- 続きを読む --

2013/11/30 Sat. 22:02  edit

Category: パーティ紹介

tb: 0  |  cm: 0

top △

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。